• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

ブランカ トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

エレクトリックサンダー

エレクトリックサンダーは一定時間内にPボタンを5回入力すると発動する。
以降のコンボに含まれている場合は、この感覚を覚えておくといい。

レベル2

ローリングアタック

レベル3

バックステップローリング

レベル4

グランドシェイブローリグ

レベル5

ライトニングキャノンボール

レベル6

シャウトオブアース(対地)

レベル7

立中P→屈中K

目押しタイミングはけっこう遅い。
立中Pの体制が戻った瞬間。
以後、立中Pからの目押しコンボが度々登場するので、ここで感覚を掴む練習をしておこう。

レベル8

屈中K→立弱P

立弱Pは連打していてもヒットする(可能性が高い)

レベル9

立中P→立強K

目押しのタイミングはレベル7と同じ。

レベル10

屈中K→ローリングアタック

1キーへ溜めながら屈中Kをヒットさせる。
それをキャンセルしてローリングアタックへ。

レベル11

ロッククラッシュ(近距離で4or6中P)→サプライズフォワード(6KKK)

6中Pでロッククラッシュを出し、1段目がヒットした瞬間に6を入れたままKKKを押すと出来る。

レベル12

屈弱K→バーチカルローリング

2で屈弱Kを出し、それをキャンセルしてバーチカルローリングを繋げる。

レベル13

屈強P→グランドシェイブローリング

レベル10と同じ要領で繋げる。

レベル14

セービングアタック→シャウトオブアース(対地)

セービングアタックを出す時に1キーへ入力しておく。
レベル3をヒットさせ、硬直が解けたらシャウトオブアースを入力。
前ダッシュなどの移動は不要。

レベル15

J強P→屈弱P→エレクトリックサンダー

J強Pヒット後、2キーへ入力しながら弱Pを連打していれば繋がる。

レベル16

J中K→屈中K→バーチカルローリング

斜めジャンプ後、2キーへ入力し続け屈中Kを出す。
それをキャンセルしてバーチカルローリングをヒットさせる。

レベル17

J強P→屈中K→ローリングアタック→グランドシェイブローリング

斜めジャンプ後、1キーをキープ。
そのまま屈中Kをヒットさせ、キャンセルでローリングアタックへ繋げる。
そこからグランドシェイブローリングはスパキャンで。

【ローリングアタックからのグランドシェイブローリング】
4タメ6P46P

レベル18

J強K→立中P→立強K

レベル9にJ強Kが加わっただけ。

レベル19

J強P→屈弱K→屈弱K→バーチカルローリング

屈弱K→屈弱Kの目押しはさほど難しくはない。
連打では繋げることが出来ないので注意。

レベル20

J強P→立強P→グランドシェイブローリング

立強Pは相手との距離でモーションが変わる。
近くの場合は、下から上へ腕を動かし、遠くの場合は逆に上から下へ腕をおろす。
このコンボは近距離立強Pをキャンセルしてグランドシェイブローリングへ繋げる。

レベル21

J強K→立中K→立弱P→強ローリングアタック→EXセービングアタック

立中Kは2段ヒット。
斜めジャンプ中にキーを4へ入力しておき、立中Kから目押しで立弱Pへ。
立中Kからは両足が着地する瞬間の少し前くらいに立弱Pを入力すると繋がる。
そのままキャンセルで強ローリングアタックを出し、EXセービングアタックのレベル1をキャンセルで出せばクリア。

レベル22

J強K→屈弱P→エレクトリックサンダー→グランドシェイブローリング

今までのコンボと比べて少しだけだが、手が忙しくなる。
J強K後、1キーをキープしながら、弱Pを連打しておく。
弱Pを連打していると、屈弱Pがヒットしてエレクトリックサンダーがキャンセルで発動するので、
そのエレクトリックサンダーからスパキャンでグランドシェイブローリングへ。

レベル23

J中K→屈中K→ライトニングキャノンボール

ライトニングキャノンボールのコマンドを瞬時に入れれるように練習。
入力を早めにやる事以外で必要な要素は特にない。

レベル24

J強K→立中P→屈中K→立弱P→強ローリングアタック

普通の目押しコンボ。
レベル24の最後を飾るコンボだが、特に華もなくまた難しくもない。

この目押しはタイミングがどれもほとんど同じなので、立中Pからの屈中Kと同じような感覚で立弱Pをすればいい。
ローリングアタックのタメは屈中Kの時に1を入れておき、立弱Pの時に4へキープしながら指を移動させる。

こんなにも簡単でいいのだろうか。
ふとそんな感覚が沸き起こるブランカのトライアル。