• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

コーディー トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

クリミナルアッパー

レベル2

バッドストーン

レベル3

ラフィアンキック

レベル4

デッドエンドアイロニー

レベル5

ファイナルディストラクション

レベル6

ラストドレッドダスト

レベル7

立弱P→立中P

早めの目押しで。

レベル8

立強P→屈弱P

立強Pからの目押しタイミングはけっこう遅い。
立強Pの腕をふりきって、元の体制に戻るタイミングで入力すると繋がる。

レベル9

屈弱P→屈中P

レベル7と同じ感覚で入力すればいい。

レベル10

立強P→クリミナルアッパー

レベル11

屈強P→ラフィアンキック

ごく簡単なキャンセルコンボ

レベル12

立中P→EXゾンクナックル

あらかじめEXゾンクナックルを仕込んでおく。
このEXゾンクナックルは弱Pと強Pでタメておくこと。
後は立中Pを入力した後にタメていた弱Pと強Pを開放すれば繋がる。

レベル13

J中K→屈中P→クリミナルアッパー

レベル14

J中P→立中P→ラフィアンキック

この2つもレベル10、11同様で普通のキャンセルコンボ。

レベル15

立強P→クリミナルアッパー→デッドエンドアイロニー

立強Pをキャンセルしてクリミナルアッパーを出し、デッドエンドアイロニーをスパキャンで出す。
クリミナルアッパーとデッドエンドアイロニーはコマンドの入力方向が逆なので、デッドエンドアイロニーに関しては最速でキャンセルしなければならない。
クリミナルアッパー入力後、竜巻が発生する前にデッドエンドアイロニーのコマンドを入力すればスパキャンされて繋げる事が出来る。

レベル16

バッドストーン→ラストドレッドスタッド

バッドストーンをヒットさせ、ダンがのけぞっている間に最速でラストドレッドスタッドを入力する。
ノーキャンセルでの繋ぎになるので、バッドストーンの硬直解除タイミングを見極めよう。

レベル17

弱クリミナルアッパー→EXクリミナルアッパー

ジャンプしているダンが真ん中より上の位置にいる時に弱クリミナルアッパーをヒットさせ、すかさずEXクリミナルアッパーを放てばヒットする。
ある程度EXクリミナルアッパーを入力する余裕はある。

レベル18

ナイフ投げ→EXラフィアンキック→EXクリミナルアッパー

このコンボはすべてノーキャンセルになる。
各必殺技の硬直が解けるタイミングを練習して掴んでおこう。
ナイフを投げてヒットした瞬間にEXラフィアンキックを出し、硬直が解けた瞬間にEXクリミナルアッパーを出すと地面に着く間際のダンをさらに上空へ吹き飛ばせる。

レベル19

J強P→立強P→EXゾンクナックル→EXクリミナルアッパー

画面端限定。
まずEXゾンクナックルを仕込む。
この時、弱Pと中Pを同時押しでタメるようにしよう。
コントローラーの場合はけっこうきついが、ボタン設定でR1とR2に割り振るとまだ楽にコントローラーを持てる。

立強Pがヒットした後、タメを開放しEXゾンクナックルを繋げる。
EXゾンクナックルで宙に浮いたダンにEXクリミナルアッパーをお見舞いすればクリアだ。

レベル20

J強K→立強P→強ラフィアンキック→強デッドエンドアイロニー

強ラフィアンキック→強デッドエンドアイロニーはスパキャンで繋ぐ。

【ラフィアンキックからのデッドエンドアイロニー】
236K236K

レベル21

J強P→立強P→強ラフィアンキック→セビキャン(前ダッシュ)→ファイナルディストラクション

立強Pをキャンセルして強ラフィアンキックへ繋ぎ、強ラフィアンキックをセビキャンする。
前ダッシュを先行入力しておき、硬直が解けてからファイナルディストラクションを入力する。

レベル22

J強K→ジョークラッシュ(4中P)→屈弱P→クリミナルアッパー→デッドエンドアイロニー

ここでもレベル15同様にクリミナルアッパーからデッドエンドアイロニーの最速入力を求められる。
ただレベル15がクリア出来ていれば、コンボ自体は簡単なので問題ないだろう。
ジョークラッシュからの目押しはパンチをだしきったあたりになる。

レベル23

J強K→ジョークラッシュ→屈弱P→屈弱K→強ラフィアンキック→EXクリミナルアッパー

地味に難しいレシピとなっている。
レベル22と同様にジョークラッシュからの目押しがあるので、
ジョークラッシュ→屈弱P
だけでも繋げる練習はした方がいい。

ジョークラッシュの後の屈弱P→屈弱Kはボタンを早めに押せば繋がるが、早く押しすぎると強ラフィアンキックがキャンセルで出せなくなる。
なので、
J強K→ジョークラッシュ→屈弱Pと屈弱K→キョウラフィアンキック→EXクリミナルアッパーとを別で考えた方がやりやすいだろう。

屈弱Pの後、すぐに屈弱Kを入力するのではなく、1テンポずらしてギリギリ繋がる範囲で屈弱Kを入力するようにする。
するとキャンセル強ラフィアンキックが安定する。

また強ラフィアンキックの硬直が解けた瞬間にEXクリミナルアッパーを出す必要があるので、ここも別途練習しておいた方がいいだろう。

レベル24

屈弱P→屈中P→クリミナルアッパー→セビキャン(前ダッシュ)→屈弱P→強ラフィアンキック→セビキャン(前ダッシュ)ファイナルディストラクション

最後のレベルにふさわしく、セビキャンを2回も挟む構成になっている。

練習する場合は3つの工程に分けた方がいい。
・屈弱P→屈中P→クリミナルアッパー→セビキャン(前ダッシュ)
まず、屈弱Pから屈中Pを目押しで繋ぐタイミングを覚える。
屈中Pをキャンセルしてクリミナルアッパーを出し、さらにセビキャン後先行前ダッシュ入力するという流れをクセ付けておく。

次に、
・クリミナルアッパー→セビキャン(前ダッシュ)→屈弱P
このセビキャン(前ダッシュ)の硬直が解除されるタイミングを叩きこむ。
これを練習しておくだけで、実際に挑む場合にやり直す回数が減る。

最後は、
・屈弱P→強ラフィアンキック→セビキャン(前ダッシュ)→ファイナルディストラクション
を練習する。
ファイナルディストラクションは今日ラフィアンキックを最速でセビキャン(前ダッシュ)しないと、ヒットさせるのがかなり苦しくなる。

上記3つを練習したら最後は繋げるだけ。
ただ、すべてを繋げた状態でやると頭に指がついてこないので、実際には繋げているが頭の中では練習した内容をバラバラに考えておいた方がやりやすい。

意外とコーディーに苦戦してしまった。
最後の方になるにつれミスが増え、暴発するラフィアンキック等でコーディーが「ヒャッハー」と笑う声を聞く機会が増えた。
この声が妙に高すぎて違和感と苛立ちを覚えてしまったのは否めない。