• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

ダントライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

我道拳

レベル2

断空脚

レベル3

晃龍拳

レベル4

必勝無頼拳

レベル5

疾走無頼拳

レベル6

覇王我道拳

レベル7

立中P→立弱P

かなり目押しのタイミングは遅い。
立中Pを近距離で出し、元の体制に戻る直前に立弱Pを入力する。

レベル8

立中P→立中P

これもレベル7同様、元の体制に戻る直前に立中Pを入力。

レベル9

J強K→屈強P→断空脚

普通のキャンセルコンボ。

レベル10

J強K→屈中P→我道拳→必勝無頼拳

屈中Pをキャンセルして我道拳を出し、その我道拳をスパキャンして必勝無頼拳へと繋げる。

【我道拳からの必勝無頼拳】
236P236P

レベル11

J強P→立強K→必勝無頼拳

立強Kはヒットした瞬間をキャンセルする。

レベル12

セービングアタック→疾走無頼拳

セービングアタックのレベル3をヒットさせ、硬直解除後に疾走無頼拳を叩きこめばクリア。
セービングアタックの後は、前ダッシュやバックステップは必要ない。

レベル13

弱晃龍拳→覇王我道拳

相手がジャンプの頂点にいる時に弱晃龍拳をヒットさせる。
後は着地と同時に覇王我道拳を入力すればキレイにヒットしてくれる。

レベル14

晃龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→覇王我道拳

特に難しいコンボではない。
晃龍拳をセビキャンして前ダッシュを先行入力しておく。
前ダッシュの硬直が解けたタイミングで覇王我道拳を出せばいいだけ。

レベル15

立強K→挑発伝説→覇王我道拳

コンボの間に挑発伝説を挟むことで立強Kから覇王我道拳へ繋げる事ができる、スパコンゲージがなんとも勿体ない気がするコンボ。
まず、立強Kを最速でキャンセルして挑発伝説を出す。
挑発伝説を出した時にダンがしゃがんでポージングを取るが、スパコンの光るエフェクトが消えた瞬間に覇王我道拳を入力すると挑発伝説をキャンセルすることが出来る。
タイミング良く最速で入力することが出来れば覇王我道拳が繋がる。

レベル16

J強K→屈強P→我道拳→挑発伝説→疾走無頼拳

レベル15とあまり変わりはない。
我道拳からの挑発伝説はスパキャンで出す。

【我道拳からの挑発伝説】
236P236P+K

レベル17

J強K→屈強P→晃龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→EX晃龍拳

こちらも特に難しくはないだろう。
屈強Pをキャンセルして晃龍拳を出し、セビキャン後に前ダッシュを先行入力しておく。
前ダッシュの硬直が解けたらEX晃龍拳を出せばクリアだ。

屈強Pの時に3へキーを入力しておくと、晃龍拳が簡易コマンドで出せるので楽になる。

レベル18

J強P→屈中P→強晃龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→強断空脚

レベル17に同じく、特に難しくはない。
屈中Pをキャンセルして強晃龍拳を出した後にセビキャンをかける。
前ダッシュを先行入力しておき、硬直が解けた瞬間に強断空脚を出すと、地面に落ちるギリギリをひろってくれる。

前ダッシュ後、気持ち早めに強断空脚を出すように入力すればいい。

レベル19

屈J強K→屈強P→弱断空脚→EX晃龍拳→セビキャン(バックステップ)→覇王我道拳

画面端限定。
屈強Pをキャンセルして弱断空脚をヒットさせると、相手が少しだけ浮く。
この直後にEX晃龍拳を出すと、相手にヒットするのでその瞬間にセビキャンしてバックダッシュを先行入力。
そのバックダッシュの硬直が解除された後に覇王我道拳を出すとヒットしてクリア出来る。

セビキャンを前ダッシュしてもヒットさせる事は可能だが、落ちてくるタイミングを見計らって覇王我道拳を出さなければスカるので少しだけ難易度が上がる。

レベル20

EX我道拳→疾走無頼拳

このEX我道拳は近距離ではなく、遠距離から出す必要があるので注意。
EX我道拳は普段まったく飛んでいかない技だがEXで放つとちょっとだけ頑張って飛ぶようになる。
この性質を利用して繋げる。
下の画像くらいのところからEX我道拳を出し、硬直が解けた瞬間に疾走無頼拳を入力すると、
EX我道拳のヒットでのけぞっている相手に疾走無頼拳がヒットする。

dan_level20

レベル21

J強K→屈強P→EX我道拳→セビキャン(前ダッシュ)→立強P→強断空脚

他の繋ぎは通常のキャンセルなので、特に問題はないだろう。
ただ、セビキャン(前ダッシュ)→立強Pが少々難しめ。

EX我道拳→セビキャン(前ダッシュ)→立強Pで練習しよう。
1度繋げる事が出来れば、感覚的には簡単なのである程度で繋げれるようになる。

レベル22

J強K→立強P→EX我道拳→EXセービングアタック→疾走無頼拳

EX我道拳をキャンセルしてEXセービングアタックのレベル2をヒットさせる。
EXセービングアタックの硬直が解けた瞬間に疾走無頼拳を入力すれば繋がるので、
EXセービングアタックをレベル2ギリギリで繋げれるように練習しよう。

EXセービングアタックの後は前ダッシュやバックステップは不要。

レベル23

立中P→強晃龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→EX空中断空脚→覇王我道拳

画面端限定。
セビキャンの前ダッシュ硬直解除後に、最速でEX空中断空脚を出さなければならない。
このEX空中断空脚をさらに低空で出す必要があるのだが、これがけっこう難しい。

強晃龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→EX空中断空脚を徹底的に練習しよう。
前ダッシュの硬直解除直前に8キーを入力すると硬直が解けた後、勝手にジャンプしてくれるのでそのジャンプのタイミングに合わせてEX空中断空脚を入力した方が楽。
EX空中断空脚のタイミングがずれると1段だけヒットするがこれでは覇王我道拳は繋がらない。

2段ヒットして着地した瞬間にすかさず覇王我道拳を入力しよう。

立中Pをキャンセルしての強晃龍拳が出しづらい場合は、
6中P23強P
と入力すれば楽に出せる。

レベル24

J強P→立中P→EX我道拳→立中P→EX我道拳→セビキャン(前ダッシュ)→中P→強断空脚

最後は通常技とEX我道拳が入り乱れ少し難しくなっている。

まず、練習する際は2つに分割する。
EX我道拳→立中P
EX我道拳→セビキャン(前ダッシュ)→中P→強断空脚

これをしっかりと練習して出せるようになろう。
EX我道拳→立中P
は成功すると通常「我道け~ん」と聞こえるものが「我道け・・・」と途中で止まる。
けを発音する瞬間が目押しタイミングになる。

セビキャン(前ダッシュ)→中Pも目押しタイミングが少し難しいかもしれないが、今までのレベルでセビキャン先行前ダッシュ入力から通常技を繋げるレシピがあったので、クリアしていればそこまで苦労はしない。

練習すれば必ず制覇出来るコンボなので、あきらめずに何度も挑戦しよう。