• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

ダッドリー トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

ジェットアッパー

レベル2

ショートスイングブロー

レベル3

サンダーボルト

レベル4

ロケットアッパー

レベル5

ローリングサンダー

レベル6

コークスクリュークロス

レベル7

ターゲットコンボ1(6弱P→中P)

レベル8

ターゲットコンボ3(6強K→中K)

レベル9

ターゲットコンボ6(屈弱K→2中P→2強P)

レベル10

ターゲットコンボ(弱K→中K→中P→強P)

レベル11

立中P→中マシンガンブロー

立中Pをキャンセルして中マシンガンブローを繋げる。

レベル12

弱ジェットアッパー→強ジェットアッパー

ダンが高い位置にいる時に弱ジェットアッパーをヒットさせ、着地と同時にすぐさま強ジェットアッパーを出す。

レベル13

立強K→ダッキング→ダッキングアッパー

立強Kをキャンセルしてダッキングし、そのままKボタンを入力してダッキングアッパーへ。

レベル14

屈強K→コークスクリュークロス

画面端限定。
屈強Kで宙に浮いたダンにコークスクリュークロスをヒットさせる。
コークスクリュークロスの入力はけっこう余裕があるので難しくはない。

レベル15

ジェットアッパー→コークスクリュークロス

ジェットアッパーをヒットさせ、着地と同時にコークスクリュークロスを入力すればいいだけ。

レベル16

J強P→屈中P→ジェットアッパー

普通のキャンセルコンボ。

レベル17

屈強K→ダッキング→ロケットアッパー

屈強Kはキャンセル出来ないので、硬直が解けた後に最速でダッキングを入力する必要がある。
後はダッキングをスパキャンしてロケットアッパーを出せばクリア。

【ダッキングからのロケットアッパー】
41236K236P

レベル18

J中K→ターゲットコンボ5(中Por6中K→中K→強P)→ロケットアッパー

ターゲットコンボ5を6中Kで出すとJ中Kの後に繋げにくい。
なので中Pでターゲットコンボ5を出すようにしよう。

あとはターゲットコンボ5の最後の強Pをキャンセルしてロケットアッパーを出すだけ。

レベル19

立強K→弱ショートスイングブロー→ロケットアッパー

立強Kをキャンセルして弱ショートスイングブローを出す。
弱ショートスイングブローはダッドリーが一度後ろに引いてパンチを出すのだが、パンチがヒットした瞬間にロケットアッパーを入力すればいいそのまま繋がる。

レベル20

ショートスイングブロー→コークスクリュークロス

ダンがジャンプしているので低い位置にいる時にショートスイングブローをヒットさせる。
後はレベル19と同じようにショートスイングブローのパンチがヒットした瞬間にコークスクリュークロスを入力して叩きこめばクリア。

レベル21

J強K→立強K→EXマシンガンブロー→屈強K→コークスクリュークロス

立強KをキャンセルしてEXマシンガンブローをヒットさせる。
EXマシンガンブローの最後の一撃でダンが微妙に浮くので、硬直が解けた瞬間に屈強Kを入れるとさらに少しだけ浮かすことが出来る。
次にこの屈強Kが硬直解除されたら最速でコークスクリュークロスを入力する。

EXマシンガンブローから屈強Kを出すタイミングがなかなか掴めない場合は、EXマシンガンブロー中に2キーへ入れながら強Kを連打しておくだけでも繋がるのでお試しあれ。

レベル22

立弱P→立弱P→屈中P→中マシンガンブロー

立弱Pは連打でも繋がるが、屈中Pはしっかり目押しする必要がある。
立弱P→立弱P→屈中Pと同じタイミングで1テンポあけて入力していくと繋がりやすい。

また屈中Pを出すときに1キーを入れておくと、中マシンガンブローが簡易コマンドで出せるようになるので屈中Pは1キーへ入れながら出すようにしよう。

レベル23

J強P→ターゲットコンボ1→ジェットアッパー→セビキャン(前ダッシュ)→コークスクリュークロス

ターゲットコンボ1の中Pをキャンセルしてジェットアッパーを出す。
ジェットアッパーをセビキャンして前ダッシュを先行入力しておき、硬直が解けた瞬間にコークスクリュークロスを最速で出す。

レベル24

J強P→レバーブロー→立弱P→立弱P→ジェットアッパー→ロケットアッパー

まず、レバーブローから立弱Pへ繋げるタイミングを練習して覚えよう。
1テンポずらしての入力になるが、少し早め。

後の立弱Pも連続で繋がるが、入力が早すぎるとジェットアッパーがキャンセルで出せないので、
慌てずにテンポよくボタンを入力するように。
また、立弱Pをキャンセルしてジェットアッパーを出すのだが、ジェットアッパーを弱で出そうとすると、弱Pが出てしまい非常に繋げにくい。
なので、中P、もしくは強Pで出すようにする。

後は、ジェットアッパーをスパキャンしてロケットアッパーへ繋げるだけ。

【ジェットアッパーからのロケットアッパー】
623P236P

ホッヒヒ。