• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

フェイロン トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

烈火拳

レベル2

転身

レベル3

烈空脚

レベル4

烈火真拳

レベル5

烈火真撃

レベル6

逆鱗拳

レベル7

屈中P→屈弱P

目押しタイミングは少し間をあけるだけでいい。

レベル8

立中P→屈中P

レベル7と比べるとさらに少し間をあける感覚。

レベル9

立弱P→屈中P

この通常技は早めのタイミングで屈中Pを入力する。

レベル10

J強K→立強P→弱烈火脚

立強Pをキャンセルして弱烈火脚を出せばいいだけ。

レベル11

転身→立強P→熾炎脚

転身からの立強Pは硬直が解けた瞬間に入力しないと、ヒットしてもコンボとしては認識されない。
後からも転身からのコンボは出てくるので、ここでしっかり練習してタイミングを覚えておこう。

レベル12

J強P→屈中P→烈火真拳

特筆する点はない。
屈中Pをキャンセルして最速で烈火真拳を入力する。

レベル13

弱熾炎脚→烈火真拳

ダンが高い位置にいる時に弱熾炎脚をヒットさせ、着地した後に烈火真拳を入力する。
烈火真拳がスカる場合は、落下のタイミングを見て入力しても十分間に合うレベル。

レベル14

J強K→屈中P→屈弱P→烈火拳→烈火拳→烈火拳

屈中Pからの屈弱P目押しは少し間を置いてから入力すれば繋がる。
屈弱Pをキャンセルして烈火拳を3回連続で入力すればクリア。

レベル15

立弱P→立強P→烈火拳→烈火拳→烈火拳

レベル14の方がまだ難しい。
立弱P→立強Pは早めの入力で繋がるので立強Pをキャンセルして烈火拳を3回入力する。

レベル16

強烈空脚→立強P→烈火拳→烈火拳→烈火拳

強烈空脚の硬直解除タイミングから目押しで立強Pへ繋げる。
強烈空脚着地後、早めの1テンポを置いて立強Pを入力するようにすれば繋がりやすくなる。

レベル17

転身→熾炎脚→セビキャン(前ダッシュ)→烈空脚

やはり、転身からの入力がシビアか。
熾炎脚をセビキャンして前ダッシュを先行入力しておく。
あとは烈空脚を放てば、宙に浮いたダンに追い打ちをかけれる。

レベル18

立弱P→立中P→立強P

レシピだけを見れば、マーブルvsカプコンを思い出してしまう。
ただ、スト4の場合は連続しての入力は受け付けないので今更だが勘違いしないようにしよう。

立弱P→立中Pは間をあけて入力する。
立中P→立強Pはさらに間をあけて入力。

立中P→立強Pは入力をガマンしてしっかりと間をあけるよう意識しよう。

レベル19

屈弱K→屈弱P→屈弱K→屈弱P→烈火拳→烈火拳→烈火拳

屈弱Pをキャンセルして烈火拳へ繋げる時は最速でキャンセル入力すること。
ただの屈弱Pをキャンセルするのと頭に屈弱K→屈弱P→屈弱Kとついているのとではわけが違う。

また、通常技は繋がりやすいので連打キャンセルにならないように注意。

レベル20

J強K→屈中P→屈中K→烈火真拳

屈中P→屈中Kは少し間をとって目押しで入力。
あとは屈中Kをキャンセルして烈火真拳を叩きこめばクリア。

レベル21

J強K→立弱P→屈中P→屈中P→強烈火真拳

屈弱Pから屈中Pを目押しする時は気持ち早めの入力を心がけるといい。
屈中Pを一定間隔で入力して繋げ、最後にキャンセルで強烈火真拳を最速で入力する。

レベル22

J強K→立中P→強熾炎脚→弱烈火真拳

最初、このコンボのトリックに気付かずどっぷりハマってしまった。
強熾炎脚は1段目をスパキャンしなければならない。

自分も飛んで着地してからでは到底間に合わないのに、頑張ってひたすら着地後に弱烈火真拳を入力していた。
親指が痛い。

レベル23

強烈空脚→立強P→熾炎脚→セビキャン→烈空脚

烈空脚の硬直解除タイミングはかなり遅い。
着地してさらにもう1テンポ遅らせるレベル。
そのポイントを探し当てる事が出来れば、このレベルはクリア出来るだろう。

かなりガマンして立強Pを入力するタイミングを待つこと。

レベル24

J強K→立弱P→立強P→熾炎脚→セビキャン(前ダッシュ)→烈火真撃

レベル24だが特に難しい事はない。
立弱Pから立強Pへは1テンポ間をあける感覚で入力すればすぐに繋がる。
あとは熾炎脚をキャンセルで出してセビキャンし、前ダッシュして烈火真撃を叩きこむだけだ。

烈火真撃は入力が早すぎるとスカるので余力があればダンの宙にいる高さを見て入力しよう。
余力がなくても、何度かやっていれば繋がるのでひたすらやり続けてもいい。

有名なスターな彼だがトライアルレシピに華がなかったと言わざるを得ない結果だった。