• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

元 トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

流派を喪流と忌流を使い分け、なおかつコンボ中で切り替えがあるため非常に忙しい。
喪流はPPPで切り替える流派。
忌流はKKKで切り替える流派。

レベル1

逆瀧

レベル2

蛇穿

レベル3

惨影

レベル4

蛇咬叭

レベル5

絶影

レベル6

龍咬叭

レベル7

死点穴

レベル8

啼牙

レベル9

立中P(喪流)→屈弱P(喪流)

立中Pを出し切った後が目押しタイミング。
間は少しあける程度。

レベル10

立中P(喪流)→立中K(喪流)

レベル9と同じタイミングで繋げよう。

レベル11

立中P(喪流)→屈弱K(忌流)

ここからが元の本場。
攻撃の後に流派を切り換えて繋げる必要がある。
コマンドで書くと、

立中P→KKK→屈弱K

となる。
このコンボはテンポよく上記コマンドを押すと繋がる。

レベル12

徨牙→天井張り付き→真下蹴り→龍咬叭

徨牙は忌流の流派の必殺技になる。
徨牙後、9へキーを入力して前方に飛び、ダンの真上に来たら2を押す。

着地後、龍咬叭を入力すればいい。
真下蹴りでダンと立ち位置が入れ替わるのでその時はコマンドも逆に入力するように。

レベル13

J中K(喪流)→立強P(喪流)→百連勾

百連勾は一定時間内にPボタンを5回入力すると出る。
なのでJ中Kヒット後、Pボタンを2、3回入力しておき、立強Pをヒットさせる。
その後Pボタンを不足分入力すれば立強Pをキャンセルして出すことが出来る。

頑張ってひたすら連打しても繋がる。

レベル14

J強K(喪流)→立中P(喪流)→EX逆瀧→EX逆瀧(フィニッシュ)

立中PをキャンセルしてEX逆瀧を出す。
EX逆瀧は8ヒットなので、KKKを8回押す。

EX逆瀧はボタンの入力がよほど甘くない限り繋がるので適当なタイミングでKKKを押していけばいい。

レベル15

脊断(空中でK→K)→屈弱P(忌流)→蛇穿

このコンボはすべて忌流の流派。
脊断の着地後に屈弱Pを入力し、キャンセルで蛇穿を出せばいい。
前方へジャンプした直後から1キーへタメを作っておくこと。

レベル16

セービングアタック→龍咬叭

セービングアタックをレベル3で出し、硬直が解けた瞬間に龍咬叭を入力する。
セービングアタック後は前ダッシュやバックステップをすると龍咬叭がヒットしなくなるので注意。

レベル17

逆瀧→蛇咬叭

逆瀧は喪流、蛇咬叭は忌流の技になる。
逆瀧を追い打ち込みで5発ヒットさせ、着地と同時に蛇咬叭を入力すると繋がる。
なので、逆瀧の追いうちの1回をKKKで出すようにしよう。
するとこのタイミングで流派は忌流へ切り替わる。

途中で切り替えてもそのままKボタンで追い打ちが出来るので、後は着地後に蛇咬叭を入力するだけ。

レベル18

J中K(忌流)→屈弱K(忌流)→蛇咬叭

蛇咬叭は忌流の技なので、このレシピはすべて忌流で行えるので安心。
J中Kを入れることで屈弱Kから蛇咬叭をキャンセルして出せないようになっている。
屈弱Kは相手が少し浮くので硬直が解けたら最速で蛇咬叭を入力する。

レベル19

立中P(喪流)→立中K(喪流)→百連勾

鬼神の如く連打力が試される。
立中Pから目押しで立中Kへ繋ぎ、立中Kをキャンセルして百連勾を出さなければならない。
立中P→立中Kは少しだけ間をあける感覚で入力。
そして、立中Kを入力する時にPボタンをずらし押しする。

その流れでひたすらPボタンを連打して百連勾へと繋げる。

本当にもう指がちぎれるかと思った。
上手く説明が出来ず申し訳ないが、挑戦する人は頑張ってほしい。

レベル20

J中K(忌流)→屈弱P(喪流)→惨影→死点穴

途中で流派の切り替えが必要になる。
J中Kがヒットした瞬間にPPPを入力し、喪流へ切り替えて屈弱Pへ。
そして、この屈弱Pをキャンセルして惨影を出すのが非常に難しい。
屈弱Pを最速でキャンセルして惨影を出さなければ繋がらないので、気合いを入れて挑もう。

惨影がヒットしたら念のためPPPを押して喪流にしておくといい。

このコンボ。
一見豪華だが繋がった時の死点穴に落胆すること必至。
これはウルトラゲージの無駄消費である。

エコをうたっている現代、このコンボは世間からは認められることはない。

レベル21

立中P(喪流)→屈弱K(忌流)→強惨影→絶影

惨影は喪流なので、このコンボではコンボ中に2回の流派切り替えをすることになる。
立中Pを入力してすぐにKKKで忌流へ切り替え、目押しで屈弱Kへと繋ぐ。
さらに屈弱Kを入力してすぐにPPPで喪流に切り替えて強惨影を出す。

最後に絶影を宙に浮いたダンにヒットさせるとクリア。
絶影は惨影で立ち位置が逆になるのでコマンドも逆になる。

練習方法としては、
立中P→KKK→屈弱K→PPP
を練習して、次に屈弱K→PPP→強惨影→絶影
という感じでやろう。

立中P→KKK→屈弱K
は一定間隔でポンポンポンと押すと屈弱Kが繋がるタイミングにかぶるため、
どうしても出来ない時はこっちでやってみるといい。

前作も惨影→絶影コンボは多数登場した。
ただ、今作はテコ入れにより、惨影後の硬直が短くなっているので、やりやすくはなっている。

レベル22

立中P(喪流)→屈弱K(忌流)→EXセービングアタック(前ダッシュ)→龍咬叭

レベル21と前半が同じ。
屈弱Kを入力した瞬間にEXセービングアタックを入力。
前ダッシュを先行入力し、硬直が解けたら最速で龍咬叭を出す。

硬直解除タイミングがジャストでないと龍咬叭が繋がらないので、EXセービングアタック(前ダッシュ)→龍咬叭も練習しておくように。

レベル23

屈弱K(喪流)→屈弱K(喪流)→立中P(喪流)→惨影→龍咬叭

屈弱Kはテンポよく押せば繋がる。
立中Pへは少し間をあけて目押しで繋ごう。

この後、立中Pを最速でキャンセルして惨影を出すのだが、コマンドを入力しながら立中Pを出した方がいい。

236中P236P

これで、そのままキャンセルして惨影を出せる。
あとは惨影の硬直が解けた瞬間に龍咬叭を出せばクリア。
惨影後、元が降りかえりきる直後から入力すると間髪入れずに龍咬叭を出すことが出来る。

なお、龍咬叭は立ち位置が逆になるので逆コマンドを入力すること。

レベル24

屈弱P(喪流)→立中P(喪流)→百連勾→惨影→強逆瀧→強逆瀧(フィニッシュ)

やはり、元を締めくくるのはこのコンボかとかなり落胆した。
難所は3つ。

・立中Pからキャンセルで百連勾を出す。
・その百連勾をさらにキャンセルして惨影。
・惨影で浮いたダンに強逆瀧ヒットさせるのだが、強逆瀧の追い打ちをフィニッシュまで出す事。

幸い、百連勾まで繋ぐ通常技がPボタンなので、タイミングとPボタンの入力回数を計算して出せる。
(無駄な連打は必要ない)

屈弱Pは連打すると2発目と繋がってしまうので、コンボ前に前方ジャンプPを空振りで入れておくのもいいだろう。

そして、百連勾を出した瞬間に惨影をキャンセルで入力。
油断が出来ないのでかなり難しい。

しかし、実はここでうれしい調整が。
前作では百連勾は1段目ヒットしかキャンセルが出来なかったのだが、今作では百連勾は1段目以外でもキャンセルが出来るようになっている。
グッジョブと言わざるをえない。

あとは惨影で反対側にまわって振り返った後、強逆瀧をフィニッシュまで繋げる。
この強逆瀧も超絶難易度。
普段、元を使用しない人はまず苦しむ。

すべて目押しで入力することになるうえに、一定のテンポではフィニッシュまでは繋がらない。

コツとしては、1段目→2段目は間をあけて、3→4段目は少し早めに、5段目以降はテンポよくボタンを押していく感じ。
ただ、文字を通して伝えるのは難しいと思うので、上部に貼ってある動画を参考にしてほしい。
タイミングを覚えると意外と繋げることが出来る。

トライアルを通してみて、調整が入っていてもやはり前作同様難しいキャラなのは間違いない。
レベル19で百連勾へ繋げるため、ボタンを連打しすぎてコントローラーが半壊した。
ボタンが押しこまれすぎて戻ってこなくなってしまったのだ。

奥へ引っ込んだボタンが気付いた時には戻ってきてはいたが、時々戻ってこなくなる現象が起きるようになった。

クリアの感動とともに、妙な虚しさも得てしまい、最後にはやるせない気持ちだけが残った。