• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

E.本田 トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

四又踏み(3強K)

レベル2

百裂張り手

レベル3

スーパー頭突き

レベル4

大銀杏投げ

レベル5

鬼無双

レベル6

スーパー鬼無双

レベル7

震・大蛇砕き

レベル8

立弱P→立中K

目押しタイミングは遅め。

レベル9

屈弱K→屈弱P

レベル8に同じく、目押しタイミングは遅め。

レベル10

立中P→立強K

この目押しは少し難しいかもしれない。
立中Pは2段ヒット。
2段目が当たった後、少し間をおかないと繋がらない。

レベル11

J強P→立中K→強スーパー頭突き

ジャンプした後から4キーを溜めておく。
立中K中も4キーを維持し、ヒットした瞬間にキャンセルで強スーパー頭突きを出す。

レベル12

J強K→立中P→EX百裂張り手

J強K後、Pを2回程入力しておき、着地後立中Pを入力。
立中Pを押した瞬間にPボタンを1つ押し、続いてPPと押すとEX百裂張り手がキャンセルで出る。

レベル13

J強K→屈中K→スーパー頭突き→鬼無双

最初にジャンプした時から1キーを溜めておく。
スーパー頭突→鬼無双はスパキャンで。

【スーパー頭突きからの鬼無双】
4タメ6P46P

レベル14

セービングアタック(前ダッシュ)→屈弱P→スーパー頭突き

セービングアタックをレベル3でやると繋げやすい。
セービングアタックで先行前ダッシュ入力を入れておき、その後1キーを溜める。
前ダッシュ硬直解除後、すぐに屈弱Pをするのではなく、ダンが膝をつくあたりまでねばる。

十分に1キーをタメれたら、屈弱Pからキャンセルでスーパー頭突きを出す。

レベル15

J強K→立強P→鬼無双

J強Kと立強Pを上手くタイミングを合わせることが成功の鍵。
ジャンプした瞬間に4キーを入れておく。
J強Kは低空ギリギリで当てるようにし、立強Pを少し間をあけてヒットさせる。
立強Pをキャンセルして鬼無双へ。

レベル16

スーパー百貫落とし→鬼無双

スーパー百貫落としをダンへ当てる高さが重要。
スーパー百貫落としの上り途中にダンにヒットすると、ダンがそのまま落下してしまい鬼無双に間に合わない。
なので、ダンが下にいる時に本田が上にいる状態を再現するように。

すると、スーパー百貫落としの落下でダンにヒットするので、自分は地上、ダンは空中という位置になる。

スーパー百貫落としを放った後すぐに2キーを溜めておき、着地と同時に鬼無双を出すようにするとダンに鬼の頭突きがヒットする。

レベル17

J強P→強百裂張り手→鬼無双

J強Pをヒットして、ジャンプ後4キーを維持、そして着地するまでにPボタンを3回押しておく。
着地後立強Pで強百裂張り手をヒットさせ、ヒットした瞬間に強百裂張り手をキャンセルして鬼無双を出す。
そこまで難しく構える必要はない。

レベル18

屈中K→EX百裂張り手

こちらも特に難しくはない。
ただEX百裂張り手の入力時間は短いので、それはもう無我夢中でPボタンを連打しよう。
5発目をPPで入力するとEX百裂張り手が発動する。

注意点としては、
コントローラーやアーケードスティックを鬼の連打で破壊しないこと。

レベル19

J強P→立弱P→立弱P→立弱P→強スーパー頭突き

立弱Pは目押しだが、特にくせはなく簡単に繋がる。
最後の立弱Pをキャンセルして強スーパー頭突きを繰り出せばOK。

レベル20

EX百裂張り手→屈弱P→EXスーパー百貫落とし

EX百裂張り手中は3キーを溜めておくこと。
硬直解除後に屈弱Pをヒットさせ、キャンセルでEXスーパー百貫落としを出す。
EX百裂張り手の硬直解除タイミングは、繰り返し練習して覚えよう。

レベル21

屈弱K→屈弱K→屈弱K→屈弱P→鬼無双

正確な目押しが必要になる。
1つ1つ確実に繋げていこう。
しゃがみは2キーではなく、1キーで行うこと。
屈弱Pからの鬼無双は最速でコマンド入力しないと繋がらない。

レベル22

J中P→屈弱K→屈弱P→弱百裂張り手→鬼無双

屈弱Pを目押しして繋げた瞬間に屈弱Pを4回入力。
気合いで連打すれば余裕で間に合う。
弱百裂張り手が出たのを確認したら鬼無双をキャンセルで出せばOKだ。

レベル23

屈弱P→強百裂張り手→立強K

まず、斜めジャンプをして相手に近づく。
このジャンプの間にPボタンを3回入力しておき、着地と同時に4回目のPを屈弱Pでだす。
すかさず、強Pを押すと百裂張り手が出るので、百裂張り手の硬直が解除された瞬間に強Kを出すとヒットする。

レベル24

立中P→屈弱P→強百裂張り手→鬼無双

やはり、最後は難しいコンボになっている。
屈弱Pからの強百裂張り手が繋がりにくい。

まず、私の成功した際の方法になるが、

立弱Pを4回→立強Pで強百裂張り手を出す練習。
そして、立弱Pの連打速度を覚える。

立弱P4回はけっこう早めの連打。
タタタタンという感じでボタンを押す。
そして、そこに立強Pを入れると、タタタタタンという感じになる。
これで立弱Pからの強百裂張り手が出るはずだ。
(アバウトかもしれないがわかってもらえるはず)

次に、立中パンチから屈弱Pボタンを連打するタイミング練習する。
立中パンチは2段ヒット。
1段目がヒットした直後から先程のテンポで屈弱Pを連打するとちょうど4回目を押すところで屈弱Pをヒットさせることができる。
そのまま強Pを押せば最後の屈弱Pをキャンセルして強百裂張り手がでるのだ。

初見で成功はしないと思うが、何度かやっていたら最後の4回目の屈弱Pをそのまま目押しで相手にヒットさせることが出来るようになると思う。

次に鬼無双を出すための準備タイミングも練習しておくといいだろう。
屈弱Pは2ではなく、1へキーを入れながら行うこと。
また、1へキーを入力するタイミングだが、中Pを押した瞬間に入れっぱなしにしておく方が成功率が上がるので無難。

後は、強百裂張り手から鬼無双へ繋げれば成功。

普段E.本田を使用しておらず、慣れていいないせいか今までで一番時間がかかってしまった。
本田を知るにはまず、百裂張り手のそれぞれのタイミングを熟知せねばならないのだろう。

いや、普段使ってないキャラをここまで熟知する必要はないんですが。