• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

ケン トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

波動拳

レベル2

竜巻旋風脚

レベル3

昇龍拳

レベル4

昇龍裂破

レベル5

神龍拳

レベル6

紅蓮旋風脚

レベル7

立弱P→屈中P

繋がりやすい通常技。

レベル8

屈弱P→屈強P

少し間をおいて屈強Pを出すようにしよう。

レベル9

立中K→立中P

目押しタイミングは、中Kの脚をおろした時に立中Pを入力。

レベル10

J強K→立強K→中昇龍拳→EXセービングアタック

立強Kから中昇龍拳をキャンセルで出し、昇龍拳がヒットした瞬間にセービングアタックのレベル1をキャンセルで当てる。

レベル11

屈弱K→屈弱P→強昇龍拳

屈弱Kから屈弱Pは簡単に繋がるので、屈弱Pをしっかりキャンセルして強昇龍拳を出すようにしよう。

レベル12

J強K→紅蓮旋風脚

J強Kを当てた後、かぶせ気味に紅蓮旋風脚のコマンドを入力しておくといい。

レベル13

EX空中竜巻旋風脚→紅蓮旋風脚

EX空中竜巻旋風脚は低空で当てること。

レベル14

弱昇龍拳→神龍拳

ダンがジャンプしているので、上にいるあたりで弱昇龍拳を当てる。
着地した瞬間に神龍拳を入力。

レベル15

J強K→ターゲットコンボ(近距離で中P→強P)→昇龍拳→昇龍裂破

ターゲットコンボの強Pをキャンセル。
昇龍拳からの昇龍裂破はスパキャンで。

【昇龍拳からの昇龍裂破】
623P236P

レベル16

J強K→ターゲットコンボ(近距離で中P→強P)→弱昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→神龍拳

レベル15と同様に繋げていく。

レベル17

J強K→屈弱P→屈弱P→屈弱P→屈弱P→EX竜巻旋風脚

屈弱Pをこんなにやらなくてもいいのではないだろうか。
相手のスネも腫れあがってしまうだろう。

コンボだが、屈弱Pのタイミングはさほど難しくはない。
その際に屈弱Pを連打しすぎて連打キャンセルにならないように、屈弱Pは目押しで繋げること。
ただ、J強Kのヒットが浅かったりタイミングがずれると屈弱Pはヒットするが4発目の屈弱Pが相手と離れて当たらなくなってしまうので注意。
4発目の屈弱PをキャンセルしてEX竜巻旋風脚を当てることも忘れずに。

レベル18

J強K→立中K→屈中K→強波動拳→強昇龍裂破

立中K→屈中Kは目押し。
少しだけ間をおいてボタンを押すようにする。
あとは強波動拳をスパキャンして、強昇龍裂破へ繋げればクリア。

【波動拳からの昇龍裂破】
236P236P

レベル19

強昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→強昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→強昇龍拳

なんとも見た目がいやらしいコンボ。
貴公子だかなんだかわからないが、このコンボは紳士ではない。

強昇龍拳1発目、2発目ともヒット1段目をセビキャンすること。
前ダッシュを先行入力しておき、解除された瞬間に次の昇龍拳へと繋げればいい。

レベル20

屈弱P→屈強P→波動拳→セビキャン(前ダッシュ)→屈弱P→屈強P→強昇龍拳

画面端限定。
屈弱Pから屈強Pはさほど難しくない。
波動拳をセビキャン先行前ダッシュ入力しておき、次の屈弱Pを2で出すのではなく、3へキーを入れて出すようにする。
そうすると、簡易コマンドにより屈強Pを入れた後のキャンセル強昇龍拳が23Pだけで発動するので、入力ミスなどによる波動拳の暴発を防ぐことが出来る。

レベル21

J強K→屈弱K→屈弱P→昇龍拳→昇龍裂破→神龍拳

J強K→屈弱K→屈弱Pはわりと簡単に繋がる。
屈弱Pはキャンセル受付時間が短いので昇龍拳は速めにキャンセルしないと繋がらない。
さらに昇龍拳をスパキャンで昇龍裂破へ繋ぐ。

【昇龍拳からの昇龍裂破】
326P236P

昇龍裂破が終わりケンが着地した瞬間に神龍拳を出すと、ヒット。

必殺技からスパコン、さらにはウルコンまで繋げてしまうド派手コンボ。
一度でいいから実践でやってみたいものだ。

レベル22

屈弱K→屈弱P→屈中P→EX波動拳→セビキャン(前ダッシュ)→紅蓮旋風脚

通常技は特に苦労することなく繋がるだろう。
EX波動拳をセビキャン前ダッシュで紅蓮旋風脚を繋げるのだが、紅蓮旋風脚を鬼の速度で入力する必要がある。
少しでも遅れると防御されてしまうので、まずはEX波動拳→セビキャン→紅蓮旋風脚の練習を重点的にすればいいだろう。

レベル23

J強K→立強P→EX波動拳→EXセービングアタック→紅蓮旋風脚

レベル22と似ているがまだレベル22の方が難しく感じる。
セービングアタックをレベル2ギリギリで発動させることがこのコンボをクリアする鍵。
後は前ダッシュを先行入力しておき、硬直解除後に紅蓮旋風脚を叩きこんでやればフィニッシュだ。

レベル24

J強K→屈弱P→屈中P→強昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→EX空中竜巻旋風脚→神龍拳

ケンのトライアルの最後を飾るのは、難易度が少々高めのコンボ。
画面中央、画面端どこにいても繋げることが出来る超絶コンボだが画面端の方が安定するのでやる場合は画面端を推奨。
ただし、画面中央でやらなければ気が済まない勇者は難易度は上がるが画面中央で頑張ってほしい。

J強K→屈弱P→屈中Pはとくに難しくはなく、目押しとしても簡単に繋がる。
問題は強昇龍拳のセビキャン前ダッシュからのEX空中竜巻旋風脚である。
ここを繋げるには、強昇龍拳は2段目でセビキャンしなければならない。
1段目だとダンが浮かず、EX空中竜巻旋風脚を当てることができずに失敗する。
2段目でセビキャンすると、ダンが浮いた状態になるので前ダッシュから前方へジャンプ。
EX竜巻旋風脚を最速で出すことで浮いたダンに追い打ちをかけるようにヒットさせることができる。

あとは着地後、すかさず神龍拳を発動させれば吹っ飛んだダンをひろってくれる。

ちなみに画面中央だと、EX竜巻旋風脚でダンが横にふっとぶ形になるので神龍拳がなかなか当たらない。
これを実践でやれるようになったその日からあなたは昇龍神。