• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

ルーファス トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

銀河トルネード

レベル2

救世主キック

レベル3

蛇突ネイチャー

レベル4

スペクタクルロマンス

レベル5

スペースオペラシンフォニー

レベル6

ビッグバンタイフーン

レベル7

立中P→立弱P

目押しで繋げる。
少しだけ間が必要。

レベル8

屈中P→屈弱K

レベル7と同じ感じの目押しタイミング。

レベル9

立強P→EX救世主キック→上段攻撃(弱K)

立強PをキャンセルしてEX救世主キックを出し、終わり間際に弱Kを入力すればOK。

レベル10

屈中P→強銀河トルネード

屈中Pをキャンセルして強銀河トルネードを出すときに、

236P

と入力した後、6にキーを入れたままにしておこう。

レベル11

立強K→ビッグバンタイフーン

立強Kは遠距離なので注意。
遠距離で立強Kをヒットさせるとダンが浮くので、その瞬間にビッグバンタイフーンを入力。

レベル12

J強P→ビッグバンタイフーン

特に難しいことはない。

レベル13

ファルコーンキック(空中で3中K)→ターゲットコンボ(近距離で弱K→強K)→スペクタクルロマンス

ファルコーンキックは浅めにヒットさせること。
あとは着地硬直解除後に、ターゲットコンボを決めてふっとんだダンにスペクタクルロマンスを叩きこむだけ。

レベル14

J強P→立強P→強銀河トルネード→弱銀河トルネード→スペクタクルロマンス

画面端限定コンボ。
立強Pをキャンセルして強銀河トルネードをヒットさせる。
強銀河トルネードはコマンド入力後6キーへ入れたままに。
強銀河トルネードが終わり、硬直が解除された瞬間に弱銀河トルネードを出す。
そして、その弱銀河トルネードをスパキャンでスペクタクルロマンスへ繋げるとフィニッシュだ。

強銀河トルネードから弱銀河トルネードへ繋げるには硬直解除タイミングを知らなければならない。
難しいわけではないので、何度も練習してタイミングを覚えよう。

【銀河トルネードからのスペクタクルロマンス】
236P236P

レベル15

J強K→EX蛇突ネイチャー

ダンが高い位置にいる時にJ強Kをヒットさせる。
J強Kは2段ヒットし、ヒットするとさらに高い位置へふっとぶ。
先に着地することができるので、着地後すかさずEX蛇突ネイチャーを入力すればヒットする。

レベル16

セービングアタック(バックステップ)→立強K→フレグランスパーム(6強P)→スペースオペラシンフォニー

画面端限定。
立強Kは遠距離になる。
そのためセービングアタックはバックダッシュを先行入力しておく。
バックダッシュの硬直が解けたら立強Kをヒットさせ、目押しでフレグランスパームへ繋ぐ。
フレグランスパームの硬直解除後、スペースオペラシンフォニーへと繋げる。

レベル17

J強P→屈弱P→屈弱P→屈弱P→立弱P→立中P

弱Pはどれも連打間隔でも繋がる。
J強Pを相手の後頭部(奥側)あたりにヒットさせるような間隔で打ち込み、あとは屈弱Pからテンポよく繋がる。
最後の立中Pが繋がらない場合は、一瞬だけ間をあけるようにするといいだろう。

レベル18

立弱P→立中P→屈弱P→EX銀河トルネード→スペースオペラシンフォニー

目押しに関しては少し間をあける感じ。
立弱P→立中P
立中P→屈弱Pともに似たような感覚。
EX銀河トルネードで吹き飛んだダンをスペースオペラシンフォーニでひろうのだが、
EX銀河トルネードの硬直解除タイミングは片足でポーズをとって、もう一方の足を地面につける瞬間。

この瞬間にスペースオペラシンフォニーを入力しよう。

レベル19

セービングアタック→ファルコーンキック→立強P→強銀河トルネード→スペースオペラシンフォニー

このコンボを成功させるにはファルコーンキックを限界ぎりぎりの低さで出せるようにならなければならない。
セービングアタック後、先行前ダッシュ入力をしておき、前ダッシュ後に低空でファルコーンキックをする。
本当に低空の中の低空で地面との間がほとんどないレベルで出す。

93中K

を瞬時に入力できるように練習しておこう。

後は立強Pをキャンセルして強銀河トルネードを出し(この時6キーを入れたままに)、ダンが吹っ飛んだ後、スペースオペラシンフォニーを叩きこむ。

レベル20

J強P→屈中K→EX救世主キック→上段攻撃(弱K)→セビキャン(前ダッシュ)→中蛇突ネイチャー→スペースオペラシンフォニー

ボタンがバラバラすぎてコントローラーにはけっこう厳しいレシピとなっている。
セビキャン後の蛇突ネイチャー→スペースオペラシンフォニーがかなり苦労した。
中蛇突ネイチャーがいいタイミングで出来ず、ダンがなかなか浮かなかったためだ。
おそらく、セビキャンの前ダッシュ後の入力がジャストタイミングではないからだろう。

画面端においやってひたすらダンをボコし続けた。
そしたら何回目の挑戦か覚えていないが、上手く浮いて叩きこむことが出来た。

正直ベストだと思うタイミングは何回もあったが、
どうすれば浮きやすくなるかはわからなかった。

レベル21

ファルコーンキック→屈弱P→EX救世主キック→上段攻撃→セビキャン→スペースオペラシンフォニー

なぜかレベル20と比べ、こちらの方が簡単になっている。
ファルコーンキックは遠目から発動させて、ダンのつま先にヒットするように調整すること。
あとは屈弱Pをキャンセルして技を繋いでいこう。

レベル22

セービングアタック→フレグランスパーム(6強P)→中蛇突ネイチャー→スペースオペラシンフォニー

中蛇突ネイチャーを当てるタイミングがやはり難しいコンボ。
遅すぎると、ダンがルーファスよりも下の方でヒットしてしまい、その後のスペースオペラシンフォニーがヒットしなくなる。

フレグランスパームの硬直が解けた瞬間に入力する必要があるので、しっかりとタイミングを見極めよう。

レベル23

J強P→立弱P→立中P→立弱P→屈中K→EX銀河トルネード

通常技が同じタイミングの目押しのはずだが、これがなかなか繋がらない。
まったく同じというわけではないが、タイミングは感覚的には一緒で、タンタンタンタンと淡々と押していく。

一見、屈中Kが届かない雰囲気をかもし出しているが、すべて繋がった時にはちゃんと繋がる。
それぞれの目押しタイミングを確認して、ひたすらやり続けるほかない。

レベル24

ファルコーンキック→立弱P→立弱K→立強P→強銀河トルネード→スペースオペラシンフォニー

ファルコーンキックはレベル13と一緒で、ダンの膝くらいに浅めにヒットさせる。
立弱P→立弱K→立強Pは間をおいた目押し。
タイミングはすべて同じような感覚。
早くもなく、遅くもない。

あとは最後の立強Pをキャンセルして強銀河トルネードを出す。
この時も、もちろん6キーを入力し続けておくこと。

最後に浮いたダンに恒例となっているスペースオペラシンフォニーを叩きこめ。

ぶっちゃけ、前作より難しくなっている。
途中からあまりにも出来なさすぎて、早くこの機敏なおでぶさんとおさらばしたくてしょうがなかった。