• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

リュウ トライアル攻略

【表記について】

キー対応表
キー対応表
例)波動拳の場合236Pとなる

P : パンチ
K : キック
J : ジャンプ
立 : 立ち状態
屈 : しゃがみ
スパキャン : スーパーキャンセル
セビキャン : EXセービングキャンセル

レベル1

波動拳

レベル2

竜巻旋風脚

レベル3

昇龍拳

レベル4

真空波動拳

レベル5

滅・波動拳

レベル6

滅・昇龍拳

レベル7

屈中P→屈中P→屈強K

すべて目押しになる。
しゃがみ中Pの手が戻ってきた時にもう一度しゃがみ中P。
同じくしゃがみ中Pの手が戻ってきた時にしゃがみ強K。
ボタンを押すのが早すぎると繋がらない。

レベル8

屈弱K→屈弱P→立弱P→屈強K

屈弱K→屈弱P→立弱Pは普通に繋がる。
屈強Kは目押しで。

レベル9

J強K→屈強P→波動拳→EXセービングアタック

波動拳はしゃがみ強Pをキャンセルで。

レベル10

J強K→立強P→昇龍拳→真空波動拳

立強Pからの昇龍拳はキャンセルで入力。
その昇龍拳からの真空波動拳はスパキャンで。

【昇龍拳からの真空波動拳】
623P236P

レベル11

J強P→立強K→真空波動拳

立強Kのネリチャギは1段目ヒットをキャンセル。

レベル12

J中P→滅・昇龍拳

J中Pの着地後、速攻で滅・昇龍拳を発動させればヒットする。

レベル13

弱昇龍拳→滅・波動拳

ダンがジャンプし続けているので、ダンがジャンプして上にいるあたりで、弱昇龍拳をヒットさせる。
着地後すぐに滅・波動拳を叩きこめばヒット。

レベル14

J強K→立強P→昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→滅・波動拳

リュウのお決まりの昇龍セビキャン滅・波動コンボ。
リュウ使いの人はだいたい使ってくる人気っぷり。

昇龍拳がヒットしたらすぐにセビキャンで前ダッシュ。
その後、滅・波動拳を入力。

レベル15

空中竜巻旋風脚→真空波動拳

ジャンプ後、低空で空中竜巻旋風脚をヒットさせ、着地した瞬間に真空波動拳を入力。

レベル16

竜巻旋風脚→EX波動拳→滅・波動拳

レベル15と同じように低空で空中竜巻旋風脚をヒットさせ、着地と同時にEX波動拳。
EX波動拳後の硬直が解除されたら最速で滅・波動拳を入力。

レベル17

J強K→屈中P→EX波動拳→滅・波動拳

レベル16と同様につなげる。
屈中PはキャンセルでEX波動拳へ

レベル18

J強K→屈強P→EX竜巻旋風脚→EX波動拳→EX竜巻旋風脚

EX祭である。
こんな贅沢なゲージの使い方をしてもいいのだろうか。とふと躊躇してしまう。
画面端でやるとやりやすい。
また、最後のEX竜巻旋風脚を決めるのが少々難しいかもしれない。
屈強PをキャンセルしてEX竜巻旋風脚を当て、着地と同時にEX波動拳。
硬直がとけた瞬間に最速でEX竜巻旋風脚を入力するとギリギリで相手をひろってくれる。

レベル19

屈中P→屈中P→屈中K→強波動拳→真空波動拳

屈中Pから屈中P、さらに屈中Kは目押しでつなぐ。
屈中Kをキャンセルして強波動拳を当て、その波動拳をスパキャンで真空波動拳へとつなぐ。
目押しからのキャンセルコンボなので、どうしても出来ない人は一度、通常技と必殺技でわけて練習するといい。

レベル20

EXセービングアタック→鳩尾砕き(6強P)→屈強P→昇龍拳→真空波動拳

EXセービングアタック(レベル2~3)で先行前ダッシュ入力。
鳩尾砕きを入れて目押しで屈強Pへ繋ぐ。
この屈強Pを2ではなく、3に入力した状態で出すと昇龍拳が出しやすい。
昇龍拳をスパキャンして真空波動拳をたたきこめばOKだ。

鳩尾砕きからの屈強Pは難しいのでこれだけでも確実につなげれるように練習しておく。

レベル21

立中P→セビキャン(前ダッシュ)→立中P→セビキャン(前ダッシュ)→立中P→昇龍拳

こんないやらしいコンボを実践でやられたら、恐らく発狂してしまうであろうコンボ。
指もかなり忙しくなる。
立中Pからのセビキャン前ダッシュは最速で入力すること。
そうすれば、次の立中Pが決まりやすくなる。
最後のセビキャンの後が立中Pのところも地味にいやらしい。
屈中Pだと簡単に昇龍拳がキャンセルできたのだが・・・
立中Pのキャンセル受付は一瞬なので、次から次にかなりの速度の入力が必要になる。
なので、狙う場合は最後まで出来るという前提ですべてのコマンドを入力した方がいい。

レベル22

鎖骨割り(6中P)→屈弱P→弱竜巻旋風脚→真空波動拳→滅・波動拳

画面端限定。
鎖骨割りからの目押しでの屈弱Pが難しい。
遅すぎると相手との距離が離れてしまい、弱Pがスカる。
逆に早すぎるともちろんパンチが出ない。

これが繋がったら弱Pをキャンセルして弱竜巻旋風脚を叩き込み、着地と同時に真空波動拳を入力、硬直がとけた瞬間に滅・波動拳をお見舞いしてあげよう。
最後の滅・波動拳が出なかった時は本当にイラっときて、コンボとは関係なく滅・波動拳をダンに浴びせてしまった。
後悔はしていない。

レベル23

J強P→屈中P→屈強P→EX竜巻旋風脚→EX昇龍拳→セビキャン(前ダッシュ)→滅・波動拳

画面端限定の目押しからのEXコンボ。
最後はレベル14と同じ流れなので、14が出来ている場合はそんなに難しくはない。
ただ、屈中Pからの屈強Pは目押し、そして屈強PはキャンセルでEX竜巻旋風脚とちょっと手がバグってしまうところがある。
落ち着いてやるようにしよう。
通常技と必殺技にわけてコンボをつなげる練習をすればいい。

レベル24

J強P→屈弱P→屈弱P→屈中P→屈中K→強波動拳→セビキャン(前ダッシュ)→滅・昇龍拳

そんなに足を重点的に狙わなくてもいいんじゃないでしょうかってくらいしゃがみ攻撃の連続。
こんなコンボを覚えてしまった日には、対人戦で相手にダメージとストレスを与えかねない。

屈弱Px2回はすぐに当たるが、そこからつなぐ屈中P→屈中Kが目押し。
屈中Kが当たった事に油断して波動拳のキャンセルをし忘れたり波動拳のセビキャン先行前ダッシュを忘れたりしてしまうので、各パートごとに練習した方がいい。

ちなみにJ強Pはヒットが浅いと屈中K後に相手との間が空きすぎてしまい、波動拳をガードされてしまう。
なので、下の画像くらいの位置からジャンプしてちょうど頭の上くらいにJ強Pがヒットするように調整するといい。

level24