• PS3
  • PS4
  • VITA
このページの情報は、トロフィーブログ"In this world"の閉鎖に伴い、正式に攻略情報を引き継いだものになります。

トライアル全制覇を目指す上で、知っておきたいテクニック

目押し

通常、打撃などの通常技は繋げる事が出来ないが、通常技のキャンセル受付時間にタイミングを合わせて通常技を入力することで通常技を繋げてヒットさせるテクニック。
目押しと聞くとどうしても目で見て入力タイミングを見計らいがちだが、正直タイミングを感覚で覚えてしまった方が早い。
まったく出来ない状態からの1回目成功に時間がかかってしまうかもしれないが、1回出来てしまうと自然と出来る回数が増えてくる。
(前作でまったく目押しが出来なかった状態の私が今は数回練習すれば出来るようになった)

キャンセル

読んで字の如く。
予備動作を途中で止め、次の技へ間をあけず繋げるテクニック。
目押しと根本的には同等技術になる。

通常技のキャンセル受付時間内に必殺技のコマンドを入力することで、キャラクターが予備動作を飛ばして必殺技を行う。

※目押しとキャンセルの違い
一言で言うと、入力するタイミングが違う。
どちらも通常技のキャンセル受付時間内に入力することは変わらないが、先行入力が出来るか否か。
ということである。
このキャンセルの場合、キャンセルをかける通常技の予備動作(パンチなら腕が戻る前)に先行入力で必殺技コマンドを入力していれば、自動的に予備動作がキャンセルされて必殺技が出る。
しかし、目押しはボタンが1つのため、予備動作中に通常技を押しても通常技は出ない。
なぜかと言うと、通常技は先行入力が出来ないからである。
通常技がキャンセル可能になってからボタンを押すことでキャンセルできるようになるというわけだ。

連打キャンセル

通常技の弱は目押しでなくてもボタンを連打しているとキャンセルして繋げる出来る(出来ないキャラもいる)。
その総称。
ただ、連打キャンセルには注意点があり、
連打キャンセルされた通常技は必殺技をキャンセルで出す事が出来ない。
トライアルをやっていて通常技がキャンセル出来ない場合は、連打していないか再確認してみよう。

スーパーキャンセル(スパキャン)

各キャラクターの特定の必殺技をキャンセルしてスーパーコンボを出すテクニック。

EXセービングキャンセル(セビキャン)

EXセービングアタックは前ダッシュやバックステップでキャンセル出来る。
おもに、必殺技をEXセービングアタックでキャンセルして、そのセービングアタックを前ダッシュやバックステップでキャンセルして次の動作へ繋げるテクニック。

EXセービングアタックは、キャンセルまたはスーパーキャンセルが出来る技ならキャンセルで出すことが出来る。

簡易コマンド

スト4は実際のコマンドとは別のコマンドで必殺技が出せるようになっている。
通常で入力するよりも少しだが、入力難易度を軽減出来るものなので知っておいて損はない。

例)昇龍拳
昇龍拳は代表的なコマンドだがキーは623と波動拳の236と比べると6を入力してから2を入力するという手間がかかる(そんなに大層な話ではないが)

この623Pで通常出すコマンドを簡易コマンドは、

323Pで出すことができる。
普段は、特に気にすることもないが、しゃがみ通常技からこういったコマンドに繋げる場合に、簡易コマンドを使用するとぐっとコンボが繋げやすくなる。

方法としては、しゃがみ通常技を2キーに入れて出すのではなく、3キーや1キーを入力して出すだけ。
あとはその通常技中に23Pと入力するだけでキャンセルで昇龍拳を出すことが出来るというテクニックである。

4タメ6Pというコマンドの必殺技を屈ガード(1タメ)しながら出すという事は多くのプレイヤーがしていると思うが、これも同じ原理である。

簡易コマンドはこのコマンドだけではないので、詳しくはwikiを参照してほしい。
http://www5.atwiki.jp/koko100/pages/37.html#id_9b9b2a36


ちょっとしたテクニック

ずらし目押し

目押しの成功率をほんの少しだけ上げるテクニック。

このずらし目押しは目押しが出来る人の成功率をあげるもので、目押しが出来ない人が簡単に出来るようになるものではない。
また、目押しで繋がらないものが繋がったりといったような効果もないので注意。
(特に必要がないと言えば必要がないテクニック)

ずらし押しについてはwikiにかなり詳しく載っているので割愛。
http://www5.atwiki.jp/koko100/pages/203.html